Skip links

ARCHES®

紙の芸術

エドゥアール・マネ、エドガー・ドガ、ポール・セザンヌ、クロード・モネー、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、アンリ・マティス、ラウル・デュフィ、パブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラック、マルク・シャガール、ジョアン・ミロ、ルネ・マグリット、サルヴァドール・ダリ、ピエール・スーラージュ、ザオ・ウーキー、ロイ・リキテンスタイン、ベルナール・ビュッフェ、アンディ・ウォーホル、ピエール・アレシンスキーのような大芸術家たちは傑作をARCHES®.紙に描きました。彼らこそ我が社の最良の大使なのです。彼らの選択がARCHES®紙の優れた品質と永続性を証明しています。今日でもARCHES®はすべての芸術家にとって異論の余地なき模範的製品です。

トップニュース

Who is Giang Dinh?

Who is Giang Dinh?

Giang Dinh was born in Hue, Vietnam in 1966. When he was about 7 years old, his parents gave him some books on origami. He studied architecture, but the Vietnam War broke out and the family lost everything. But he still had in his memory a few traditional origami models that he had learned from those books. He moved to the United States to continue his architecture studies. The one day in 1996, by chance he came across one of the books he parents had given him in a bookshop…

ARCHES® AQUARELLE, 希有な例

ARCHES®は水彩紙の《内側》にゼラチンを浸透させる世界で唯一の製紙工場なのです。
ビデオを見る

ズーム

ARCHES®紙をご覧下さい。

自分のテクニックに合うのはどの紙?

ARCHES®  は、円網漉きで製造された多種多様なアートペーパーを提供する製紙工場です。グラフィックアートの芸術家や専門家は、ARCHES®コレクションを見れば、自分のテクニックと感性に合った理想的な紙が有ることを知っています。

1492年以来インスピレーションを吹き込む紙

ニュースレターに登録する

ニュース

ニュースレターに登録する

ニュースレターGrain d’infoを見て下さい。

ご登録いただいた方には、ARCHES® のニュースレターを年4回お届けします。このニュースレターには、私たちの製品についての情報、動画、最新ニュースが含まれています。

English

Français/French



ご登録はいつでも自由に取り消すことができます: ニュースレターには、毎号に登録解除リンクが含まれています。
個人情報(Eメールアドレス、氏名)を、ARCHES®以外が使用することはありません。利用者の事前の明示的な同意なく、パートナー企業にこうした情報を貸借、譲渡することはありません。個人情報の管理についての詳細をご確認ください。 .

Jules Perrigot, inventor of the highway code…

Jules Perrigot was born on 3 November 1861 in Vimoutiers in Normandy. Following the deaths of his parents and his elder sister, he decided to leave his native region and move to Paris, where he made many friends and met his future wife. Claire was the daughter of Léon Masure, director and owner of Papeteries d’Arches, who lost his life in a fire in 1897. The pair married on 11 February 1888 in Arches, and the paper mill was Claire’s dowry.

27e Festival International du Film Fantastique de Gérardmer

In 1994, the Festival du Film Fantastique de Gérardmer picked up the torch dropped by the Festival International du Film Fantastique d’Avoriaz. The new festival was called “Fantastica” until 1996, when it took the name of “Fantastic’Arts”, a sign of its opening up to other forms of artistic expression as well as cinema, including the plastic arts. In 2009 the Festival changed its name to “Festival International du Film Fantastique de Gérardmer”.