Skip links

歴史 

  • 1492

    クリストファー・コロンブスがアメリカを発見する時、アルシュ製紙工場がヴォージュ県に誕生する。

  • 1493

    アルシュ製紙工場は、デューラーの挿絵入り作品で、グーテンベルクによって発明された印刷技術初期に発行された有名なニュルンベルク年代記の紙を提供する。最も良く考証され保存された揺籃期本の一つでまた、テキストと画像をうまくまとめた初期本の一つでもある。

  • 1500年から1600年まで

    《二重のCと王冠》というこの透かし模様は16世紀に典型的なものである。出所不明の副票が添えられていて、アルシュ製紙工場の有名な活動期のものである。

  • 1590

    《数字の4》がシモン・ド・モワユールのイニシャルの上にかぶさっている。製紙業経営者でアルシュ製紙工場の所有者。この透かし模様は1730年頃使われなくなる。

  • 1775

    ボーマルシェがArches製紙工場を買収し、7年かけてヴォルテール全集を大半はARCHES®紙を使って出版する。ドイツのケールで印刷されたこの有名な版は28,000部印刷され、70トンの紙が必要となる。ボーマルシェはArches製紙工場に多くの技術的改良をもたらし、特にタピスリーや書物などに使われた紙によって、隣国への商業的成功を収める。

  • 1785

    マレの製紙工場の所有者であるルイ・ドゥラガルドがアルシュ製紙工場の管理人となった。

  • 1807

    ナポレオン1世によって出資された《エジプト誌》出版を担当した帝国印刷場が、この出版用の活版印刷とインタリオに使う200万枚の紙をArches製紙工場に注文する。これらの膨大な量の紙は、その紙型が他のどこにも無いだけに一層特殊である。特別に造られたその紙型は《象》、《大世界》、《大エジプト》と名付けられ、紙には《古代と現代のエジプト》という特別な透かし模様が付けられている。

  • 1826

    Arches製紙工場は、ARCHES®ブランドにとって決定的となる戦略的選択を行う。1826年から、大部分の製紙工場がロジン糊付けを採用するが、これは伝統的なゼラチン糊付けより安く、簡単な方法であった。この変化の出来事からそれほど間をおくことなく、Arches製紙工場は、自作紙の高品質を保つために自身の製造方法を変えないことにする。これは正しい選択だった、というのは間もなく、愛書家たちがロジンを含む本の劣化に気づくからである。ARCHES はそれから芸術家にとって、また印刷工房において模範となる。ARCHES はこうして世界的名声を博す。紙質の優秀さがARCHES®の命なのです。それは今でも続いています。

  • 1830

    ARCHES® は一部の商品をドイツのミュンヘンとシュツットガルトで販売し、ペルラン家の所有であるエピナル版画の紙を供給する。

  • 1855

    パリでの1855年の万国博覧会開催中、ARCHES®は美しさ、パルプの純粋さ、一様性、貼り付けの良さ、仕上げの面での自作紙の高品質に対して最高級のメダルを授与される。

  • 1859

    オーギュスト・モレルは、ヴォージュ県の最後の手漉き大製紙工場であるArches製紙工場を手に入れ、切手局の巨大市場を得ることで9年間にわたって営業する。

  • 1860年から1865年まで

    モレルは甥のベルシューと協力し、仕事を拡張する。1865年には、27の手漉き所をもったが、1859年には5つのみだった。

  • 1869

    素材に非常に鋭敏で、デッサン、水彩画の多くの技術をテストすることに関心があった画家、ジャン-オーギュスト-ドミニク・アングルがARCHES®にインスピレーションを与えた。アルシュ製紙工場は1869年からIngres d’Arches MBM® という名の上質の透かし筋入り紙を製造し、これは当時の芸術家たちの期待に添うものであった。アングルの名は、現在までこの紙の製造に結びついている。

  • 1895

    アルシュ製紙工場の新たな所有者、ジュール・ペリゴは自身の手漉き機械を完成する。彼は仕事を単純化する円網漉きを開発する。ARCHES®は銀行券、証書用紙、商業用紙(豪華版、インタリオ用紙、通信用紙、ハガキ、線描や淡彩用のデッサン用紙、地図用紙のような特殊紙)製造を専門とする。限定豪華版の90%は、ARCHES®紙で印刷される。

     

    さらに詳しい情報

  • 1897年と1900年

    アルシュ製紙工場は1897年にブリュッセルで、1900年にパリで、線描や淡彩、水彩品質におけるベラムについて2つのグランプリを受ける。

  • 1953

    ARCHES®、ジョアノ、マレ、リーヴ4つの競合する製紙工場が合併する。アルジョマリがフランス最初の製紙業グループとなる。

  • 1990

    250枚のVelin d’ARCHES®インタリオ版画、印刷画が、アメリカのスペースシャトル、ディスカバリーに乗せられて宇宙へ送られたが、これは永遠へのウインク。

  • 1991

    アルジョマリが英米製紙業グループのウィギンズ・ティープ・アップルトンと合併し、アルジョウィギンズとなる。

  • 1992

    ARCHES®研究&開発サービスによって開発されたARCHES®Platineの開始。これはプラチナム印刷技術による最初の紙で世界中で販売されてます。

  • 1996

    フランス文化大臣が国からの最初の版画注文にARCHES®を選ぶ。

  • 2011

    アルジョウィギンズがアルシュ製紙工場を国際的な製紙業グループのムンクショーに譲渡し、ムンクショーは2017年に2つのグループの合併の結果アールストローム・ムンクショーとなる。

  • 2012

    ARCHES®は油性ペイント用の特殊な紙を開発、販売する。

  • 2017

    ARCHES®はラベル《生きた遺産企業》を獲得し、最上級紙製造の分野で先祖伝来のノウハウに報いている。

  • 2020

    弊社歴史の新しいページが姿を現す。3月2日から、Arches 製紙場はイタリアのグループ F.I.L.A. (Fabbrica Italiana Lapis ed Affini).に所属します。

  • 1492
  • 1493
  • 1500年から1600年まで
  • 1590年
  • 1775年
  • 1785年
  • 1807年
  • 1826年
  • 1830年
  • 1855年
  • 1859年
  • 1860年から1865年まで
  • 1869年
  • 1895年
  • 1897年と1900年
  • 1953年
  • 1990年
  • 1991年
  • 1992年
  • 1996年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2017年
  • 2020年