Skip links

写真アート版

1984年に、ARCHES® はプラチナ、パラジウム、シアノタイプ写真印刷用の特殊な紙、ARCHES® Platineの最初の製紙工場となった。

プラチナプリントには灰色の幅広い色階があります。シルバープリントよりもネガをより詳細に再現し、画像により細かいニュアンス、深みをもたらします。

この技術は分離派写真の芸術家や、ポール・ストランドやヨゼフ・スデクのような近代の巨匠によって高く評価され、1980年代にアーヴィング・ペンによって復活し、こうしてこの技術はほとんど壊れないプリントを生み出し、その表面は割れず、画像は日光で変質せず、経年劣化しない芸術作品を生んでいます。