Skip links

Archive

アクアチント

間接的刻線から成るこの技法は、酸による腐食から生まれ、墨絵や水彩画にほぼ似た淡彩画の外観が

アクリル絵具

アクリル絵具は二つの要素から成っています: 顔料:鉱物起源、あるいは有機、天然または合成起

アルカリ緩衝剤

炭酸カルシウムが紙にアルカリ緩衝を与えるために付加されるが、このアルカリ緩衝剤は環境の酸の

インク

インクは2要素から成る:色付けの顔料と色を運び、色を紙に固定するバインダー。 現在使われて

インタリオ

紙の上に印刷するために、デッサンを再現する目的でたがねを使って金属板に《陰刻》する彫刻。印

エスバルト

スペインや北アフリカに生える草本植物で、春に成長し、初夏に最長になった時パルプ生産用に収穫

エッチング

酸による腐食で生まれる彫版術、間接的刻線。大抵ニスで保護された板の上に、彫刻師が鋼ポイント

エンボス加工

紙に文字などの浮き彫りを作る技術。二通りのエンボス加工がある:コールドエンボスとホットエン

オフセット印刷

この元祖である石版画の改良である印刷技術で、石版画の石の代わりに曲がる板を用い、それをシリ